実験レポートに構成があるのをご存知ですか?そんな難しい話ではないです.実験レポートの型を覚えると,悩む時間が少なくなり,短時間でわかりやすい実験レポートが完成します.

実験レポートの構成って考えてみたことあります?

実験レポートの構成って考えてみたことありますか?実験レポートの構成はどんなものでしょうか?実験レポートの型になります.学会や分野など,によって,違うと思いますが,だいたいは下記のような感じかと思います.

実験レポートの構成には,下記以外にも,緒言,結言など,イントロなど書き方はいろいろとある思います.しかしながら,最低限,この程度は必要になってくると思います.

  1. 実験レポートの構成
    1. 実験目的
    2. 実験原理・理論
    3. 実験方法
    4. 実験結果
    5. 考察
    6. 結論
    7. 参考文献,参考資料など

まとめ

実験レポートの型である,実験レポートの構成について説明しました.この型に沿って書くことによって,機械的に進めることができ,ずいぶん楽になり,効率的に実験レポートを書くことができます.

未来の誰かが読むことを前提に書きましょう!!
他の人が読んでわからなければ,実験レポートの意味をなしません.