不確かさって何??

誤差とは,測定値と真値との差です.でも,真値はだれもわからないので,現実の運用は,測定の代表値,例えば,平均値などを用いています.わからない真値をもとにした,誤差を評価するのは,問題ではないか??と言われていました.そこで,新しい概念である,不確かさ,が提案され,採用されて来ています.

不確かさは,”測定結果に付記される,合理的に測定量に結びつけられうる値のばらつきを特徴づけるパラメーター”として,定義される.簡単にいえば,”測定のばらつきを表すパラメーター”と言うことであるとされています.

引用:参考資料:産業技術研究所:国際単位系は世界共通のル-ルです,日本電気計器検定所:「初心者向け不確かさ研修プログラム」テキスト Ver.2など

未来の誰かが読むことを前提に書きましょう!!
他の人が読んでわからなければ,実験レポートの意味をなしません.