有効数字も見た目が大事?

有効数字を,見た目にすぐわかるように書きましょう!!例えを見るとわかりやすいので,

12800という数の有効数字が3桁であるとすると,

1.28×10^4(10の4乗)

と書いた方がわかりやすいのです.もし,有効数字の桁数が書かれていない場合は,12800は有効数字5桁ととられかねません.

有効数字が4桁であるとすると,

1.280×10^4(10の4乗)

と書くべきなのです.

大きい数字だけでなく,細かい小さな数字の場合も同じような考え方です.

0.00128ではわかりにくいので,

1.28×10^-3(10のマイナス3乗)

と書くべきなのです.

有効数字が4桁であるとすると,

1.280×10^-3(10のマイナス3乗)

と書くべきです.

未来の誰かが読むことを前提に書きましょう!!
他の人が読んでわからなければ,実験レポートの意味をなしません.