誤差に種類がある??

実験レポートにおいて,誤差は重要なポイントかと思います.ここに注意していない人は,測定データについて,深く気にしていないかと思われます.

さまざなテストや商談などの時に,この辺りについて,聞いてくることがよくあるのは,担当者の気持ちが良く分かります.理系の担当者であれば,測定データーの扱いが丁寧なことを重要視しているのではないでしょうか?

データーを丁寧に扱える人と一緒に仕事をしたいと思うのは当たり前のことと思います.誤差の種類についても,様々に分類がされておりますが,理解のために下記の様に分類しました.

  1. 系統誤差
    1. 測定機器による誤差
    2. 実験原理・理論による誤差
    3. 測定者による誤差
  2. 偶然誤差
  3. 計算誤差
    1. 丸め誤差
    2. 打ち切り誤差
    3. 桁落ち誤差
    4. 情報落ち誤差

未来の誰かが読むことを前提に書きましょう!!
他の人が読んでわからなければ,実験レポートの意味をなしません.